トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集

AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

AHCC治療最前線3・延命と生還の名医
お求めはAHCCブックセンターへ
AHCC治療最前線3
延命と生還の名医
著者/旭丘光志
出版社/DHC 定価/1200円
書籍コード/ISBN4-88724-283-2

AHCC首都圏健康相談室の注目度数/★★★★☆

書籍のご購入は AHCCブックセンター

第1章 AHCCの医療効果
  • AHCCとは何か?
    • 医師も無視できなくなった機能性健康食品の有効性
    • AHCCの多面的薬理作用
    • 病気予防の武器としてのAHCC
  • AHCCは"未病の医学"の切り札となるか?
    • 未病の医学と機能性健康食品
    • 分子、遺伝子レベルからの癒しにも可能性を開く"新・未病の医学"
  • 最もメリットの多いがん闘病法が見えてきた
    • がん細胞を眠らせるがん休眠療法
    • AHCC医療の中で早くから見つかっていた低用量化学療法の延命効果
第2章 AHCC治療の名医
  • 足立幸博医師  ●小倉病院
    • 専門的高度医療を地域医療の中でより身近なものに
    • 余命3カ月の乳腺がん患者が2年後のいまも延命健在!
    • 直径6センチの乳がんでも、タキソテールにAHCC併用で
      乳房温存療法が可能になる
  • 野水  整医師  ●星総合病院
    • がんは全身状態と密接な関わりがある
    • 開放型病院・病診連携の中で
    • 家族性乳がん
    • これが新免疫療法だ
        効果の現れ方"3つのタイプ"
    • 高いQOLを保つ期間を延ばし延命効果をもたらした
    • 家族性乳がんの予防に役立つか?
  • 柿添建二医師  ●柿添皮膚科・外科
    • "治療即奉仕"の医療を支えるAHCC
    • 免疫能賦活を土台とするがん医療を
    • 小児手拳大の肝臓がんが消えた!
    • がんと心と免疫能向上とAHCC
  • 狩俣陽一医師  ●かりまた内科医院
    • かかりつけ医の役割に徹する覚悟
    • がんの早期発見からAHCC
    • がん休眠療法とAHCC
    • 最初のAHCC使用患者
    • メラノーマの肺転移を克服
    • 10年延命の事例をたくさん持ちたい
  • 末武信宏医師  ●さかえクリニック
    • 美容医療に新しい道を拓く医師
    • 独自のカラー理論でスポーツ医学へ
    • 統合医療に欠かせないBVPM顕微鏡
    • 統合医療の中で使われたAHCCの効果
        がんでは死なせなかった!
        肺がんの医師の父、AHCCで延命中
  • 永井一成医師  ●信州会クリニック
    • 白衣を着ない医者
        永井医師の医療の幅の広さ
        永井医師の医療の特色
    • 最も早期のがん検診"がん免疫ドック"とAHCC
    • がん免疫ドックで画像診断に映らないがんに対抗する
    • 抗がん剤の副作用が激減
    • 飲み方の相談にのる医師
  • 加来功臣医師  ●加来内科クリニック
    • ともに支え合う医療
    • がん末期患者のささやかな希望を支える
    • AHCCで3年延命の末期がん患者も
  • 岩崎正明医師  ●岩崎診療所
    • 前立腺がんと診断、手術不能
    • 5年目を無事生き抜いた!
    • 前立腺がん克服7年目の喜びと決意を伝える医師の手記
  • 中島敏郎医師  ●九大仏青クリニック
    • 多様な治療手段の中のAHCC
    • 肝臓がんを卒業した!
        AHCCと脳内ホルモン賦活で顕著な改善
        AHCC中止で腫瘍マーカーが上昇
    • がん難民の避難所を引き受ける
  • 加納宣康医師  ●亀田総合病院
    • 希望と生き甲斐を持てるような医療を
    • 亀田総合病院で使いこなされるAHCC
        外科治療との併用で有効性
        病院の売店でも扱っているAHCC
第3章 AHCCを駆使する医師以外の専門家たち
  • 岩本郁子栄養士  ●札幌駅前診療所
    • 健康は食べ物で決定的に左右される
    • 管理栄養士だからできること
    • パラメディカルの立場から
  • 枡田秀峰師  ●自然医食道研究会
    • 多面的な癒しの手段
    • 揺れる心を味方につける
    • 肺がんと共存中
  • 福山邦子薬剤師  ●サン薬局
    • 中成薬と機能性食品の組み合わせで効果!
    • 未病を健全に引き戻すAHCC
    • AHCCと鹿霊仙で腫瘍マーカーが正常化
  • 豊崎甲四子カウンセラー  ●寺下医学事務所・寺下謙三クリニック
    • 医者と患者の間に立つ水先案内人
    • 医療支援カウンセラーの現場は生かしの場
    • 人は人でしか癒されない
    • 卵巣がん摘出手術後6年、延命を支える
第4章  世界の医療現場でAHCCによる治療実績をあげる医師たち
  • F・ペスカトーレ医師  ●センター・フォー・インテグレイティブ・コンプリメンタリー・メディスン
    • 科学的データのある機能性食品を求めてきた
    • 肝転移の白血球激減を正常化したAHCC
    • 前立腺がん治療にアメリカで有望視されるAHCC
  • 張錫源医師  ●ソウル内科
    • AHCC併用で白血球減少に歯止め
    • 再発、転移を防げれば、死を味わうことがない
    • すべてのがん医療手段は補い合い患者を助ける
  • ウインユー・ジャンタラスントーングン医師  ●プミポン国王空軍所属病院
    • タイ独特の肝臓がん治療にAHCC
    • 同僚医師の直腸がんが術後早期回復
    • エイズ発症・進行抑制への取り組みがはじまった!
第5章 AHCC Q&A対談
愛用者から寄せられたあれこれの声に答える
  • 町田  久  ●セラ治療院
  • 高井義生  ●クリエーションアカデミー
    • AHCCの飲み方と量
    • AHCCさえ飲んでいれば大丈夫だとは思わないこと
    • 医師に「機能性食品なんかやめとけ」といわれたとき
    • 口から入るなら料理に入れても有効
    • 免疫過剰のときでも飲んで大丈夫?
    • AHCCの安全性はNASAの基準で



アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.