トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集

AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

AHCCのすべてがわかる本
お求めはAHCCブックセンターへ
AHCCのすべてがわかる本

著者/杜総一郎
監修/上山泰男
出版社/現代書林 定価/1400円(税別)
書籍コード/ISBN4-9784774512105

AHCC首都圏健康相談室の注目度数/★★★★★

書籍のご購入は AHCCブックセンター

監修のことば〈大阪医科大学名誉教授 上山泰雄〉
第1章 地球的規模で広がる補完代替医療のうねり
  • 「補完代替医療」という言葉について
  • 補完代替医療が注目されている
  • 医学会の積極的な取り組み
  • 全米ナンバーワン病院での補完代替医療
  • ヨーロッパの補完代替医療
  • 日本における補完代替医療の普及状況
  • がんにおける補完代替医療の利用状況
  • がん患者が使用している健康食品の問題点
  • 健康食品が健康を損なう可能性も
  • 問題点の改善へ向けての取り組み
  • 信頼度の高い情報はどこにあるか
  • 権威ある学会雑誌で高く評価された研究
第2章 がんと戦う免疫の働きとAHCC
  • 免疫が適切に調整されていればがんを恐れることはない
  • 自然免疫と獲得免疫
  • 細胞性免疫と体液性免疫
  • 免疫力測定の様々な指標
  • 世界中で注目されているAHCC
  • AHCC研究会の活動
  • AHCCの開発と研究の経緯
  • ほかのキノコ由来健康食品との違い
  • AHCCに期待される細胞性免疫の適切な調整
  • 免疫の仕組みをネットワークするサイトカイン
  • 担がん状態の免疫について
  • AHCCの免疫機能好転化作用の特徴
  • 細胞性免疫における樹状細胞の重要性
  • AHCCは自然免疫の機能も好転化させる
  • AHCCのマクロファージ分化・誘導作用
  • AHCCのNK活性増強作用
  • 担がんマウスの免疫へ与えるAHCCの作用
  • AHCCは樹状細胞を増加させる
  • 肝がん患者に対するAHCCの延命効果
  • 抗がん剤の副作用を軽減する
  • AHCC併用による腎毒性の軽減
  • AHCC併用による延命作用
  • AHCC併用による骨髄抑制軽減作用
  • AHCC併用による肝機能障害予防作用
  • AHCC併用による脱毛予防作用
  • AHCCによって日和見感染のリスクを低減する
  • 日和見感染カンジダ症に対するAHCCの作用
  • 体液性免疫に対するAHCCの作用
  • 術後感染症に対するAHCCの作用
  • AHCCによる炎症抑制作用
  • AHCCNO産生抑制作用
  • AHCCの作用メカニズムの解明が今後の課題
  • 第3章 AHCCはこうして作られる
  • いわゆる「健康食品」の法律上の扱いについて
  • 国際的な品質管理規格に準拠
  • AHCCの製造工程
  • AHCCの背景にある高度な研究体制
  • AHCCの安全性試験結果
  • 遺伝子の突然変異にかんするAHCCの安全性
  • 医薬品におけるヒト臨床試験の手順
  • AHCCのフェーズT様試験
  • AHCCが健康食品の位置にとどまる理由
  • 第4章 AHCC臨床の最前線を訪ねて
    AHCCの研究はここまで進んでいる
    関西医科大学外科学講座の取り組み
  • 西洋医学にプラスアルファとなるものを探して
  • 肝細胞がんにおける再発予防の重要性
  • AHCCが手術後の再発率と死亡率を抑えた
  • AHCCによる肝機能の向上
  • AHCC研究の今後の展望

    大阪大学生体機能補完医学講座の取り組み

  • 補完代替医療研究における先進的な試み
  • AHCCによる抗がん剤副作用軽減作用を検証

    AHCCの新たなる可能性を求めて
    帝京平成大学・久島達也准教授の取り組み

  • 腸管免疫の重要性が明らかになりつつある
  • AHCCは腸管免疫の働きを高める
  • 腸管内の日和見感染予防にも

    要町病院・古澤孝之医師の取り組み

  • 死に至ることもあるCOPDという病気
  • 慢性呼吸器疾患患者におけるAHCCの改善作用
  • 糖尿病やメタボリック症候群におけるAHCCの可能性

    AHCCでがんと戦う医師たち
    やわらぎクリニック・北廣美医師の取り組み

  • 免疫の働きと体力を高める手だてとして
  • 転移がんが完治したケースも
  • 多くの医師がAHCCに注目している

    田島クリニック・石塚玲器医師の取り組み

  • 患者さんの話を傾聴することの大切さ
  • AHCCを併用したがん臨床の成果
  • 乳がん再発後、両肺転移から13年以上たった今も健在
  • 健康に生きられる「健康寿命」の大切さ

    東開クリニック・植松俊昭医師の取り組み

  • 末期がんの苦しみが消えていく
  • 手術後のQOLを高め、健康体はさらに健康に
  • 血液の専門家としてのAHCCへの興味

    広瀬クリニック・広瀬滋之医師の取り組み

  • アトピー治療をきっかけに漢方医学の道へ
  • 高い有効率を示したAHCC
  • 転移・再発をAHCCで克服する
  • 高いQOLが維持された余生のために
  • AHCCの上手な使い方

    AHCC新たな展望
    新潟県立看護大学・境原三津夫教授の取り組み

  • AHCCには確かなデータがある
  • 高齢化社会をAHCCが支える

    狭間研至先生(医師・薬局経営)の取り組み

  • 新しい時代の薬局としての使命
  • 「余命宣告」をAHCCが覆す
  • これからの補完代替医療が直面することになる課題

    AHCCこれからの取り組み
    獨協医科大学生化学教室・松崎茂特任教授の取り組み

  • メンタル面のケアを考慮したがん治療のあり方を
  • 免疫の要となる胸腺に対するAHCCの作用
  • ドイツの統合医療学会で行われたAHCCの研究発表

    北海道大学・細川眞澄男名誉教授の取り組み

  • 「物事をあいまいなままにしない」という姿勢
  • NK細胞活性値に対するAHCCの作用
  • 質、量ともに充実してきたエビデンス
  • AHCC研究会におけるこれからの研究課題

    AHCCの研究と現代科学
    あとがき



  • アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

    Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.