AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

命を救ったAHCC(肺がんの症例)
症例17 K・Hさん 45歳・男性の場合
平成7年8月10日。K・Hさん(45歳・男性)はこの日を忘れもしません。 大学病院で受けた精密検査で、肺がんが見つかった日です。 すぐに右下葉切除の手術がおこなわれました。 そのときの細胞診では初期の肺がんと診断され、「ほぼ再発・転移の心配なし」という医師の判断から、術後の抗がん剤投与はおこなわれませんでした。
 手術から1年たった平成8年9月、K・Hさんの体調が急変しました。 肺に激しい疼痛があり、急遽入院。すぐに精密検査を受けたところ、がんは右胸膜に飛び散り、左肺に転移していました。 すでに手術不能で、抗がん剤を2クールと放射線治療を受け、11月の末に退院しました。
 しかし退院直後、肺炎を併発。抗がん剤の副作用で、白血球が減少していたためでした。 そのまま再び入院生活が始まりましたが、しばらくして血痰が止まらなくなり、胸水がたまってきました。 頚部に指を触れると、親指大のしこりがあります。恐れていたリンパ節への転移でした。 医師からはもう治療法がないとさじを投げられ、家族には「半年もてばいいほうだろう」と告げられました。
 絶望のどん底にいたK・Hさんが救いを求めたのは、AHCCでした。 知り合いから紹介された医院から処方を受け、平成9年2月から1日3g飲み始めました。 そのころ呼吸困難、せき、血痰などの自覚症状があり、依然として頚部のリンパ節は2cm大のしこりを残していました。
 ところがAHCCを飲みはじめて10日後、このしこりが半分の大きさになったのです。 食欲もでてきて、せきや血痰などの自覚症状もだいぶやわらいできました。 驚くことにK・Hさんは、このころから会社に復帰しています。 そして1ヵ月後、頚部のしこりはすっかり姿を消し、胸水もひいていました。
 「半年」と告げられてから、すでに2年以上の月日が流れています。 しかしいまのところ、K・Hさんに再発のきざしはありません。 用心のためAHCCをまだ毎日3g飲んでいますが、そろそろ2gに減らそうかと考えているところです。
 K・Hさんを死の淵から救ったのは、ひとつの健康食品でした。AHCC。 すでに一部のがん患者や医師のあいだでは、「抗がん食品」として抗がん剤以上の評価を受けている健康食品です。

上記の記事は「ガン治療医11人の証言」の本文中より抜粋です
症例集 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 ]




Copyright (C) 1998-2004 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.