トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集

AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

がん治療の決定打と期待されている最新療法「AHCC」を利用した免疫療法
月刊ゆほびか99/08月号掲載
医療法人財団コンフォート病院 理事長 宇野克明
がん死は年々ふえている
脳血管障害をおさえて、がんが日本人の死亡原因の第1位になったのは昭和56年のこと。 その後もがんは、あまりありがたくないことに、常に首位の座を占めてきました。 現在、1年間にがんで死亡する人の数は28万4000人。死亡者ののうち3.3人に1人ががんで亡くなる割合です。 しかもこの数は増え続けており、あと10年もたつと、2人に1人はがんで亡くなるのではないかと予測する人もいます。 なぜこれほどにがん死がふえたのでしょう。その理由として、よくいわれるのは高齢化社会です。 これまでならば60〜70歳で亡くなっていた人が、80〜90歳まで生きられるようになったので、勢いがん死がふえたというもの。 つまり、昔はがんになる年齢になる前に亡くなっていたという説です。 この説は、現在がん死が多いことの理由の主流になっています。 もうひとつは環境汚染。空気も水も汚染され、農薬や化学物質など発がん物質に汚染された食べ物を取っているから、発がん率が高くなったという説です。 さらに、食事の欧米化説。昔と比べると、欧米に多い大腸がんや乳がんがふえていることが、その証左としてあげられます。 いずれも、がん死がふえた理由の一つといってよいでしょう。しかし、決定的なものではありません。

手ごわいがんがふえている
ただはっきりしていることは、20年前と比べて、がんの中でも治りにくい種類のがんがふえてきているということです。 20年前に日本で主流を占めていたがんは、胃がんや子宮がんでした。これらのがんは、治りやすいほうに入るがんです。 最近は、肺がん、肝臓がん、膵臓がん、胆管がん、食道がんといった、治癒率が30%以下の治りにくいがんがふえています。 これらのがんは、現代の進んだ医療をもってしてもなかなか治りません。 特に注目したいのは肺がんです。一昨年に男性のがんで死んだ人の死亡率トップに躍り出て、つい先日女性のほうでも、がんの死亡原因の第1位になってしまいました。 私は、がん死がふえている理由は、がんがどんどん手ごわくなっている、あるいは手ごわいがんがふえてきたからだと思います。

もう、がんは3大治療法では治らない
がんの従来の治療法には、外科手術、抗がん剤、放射線の3つがあることはご存じだと思います。 外科手術は、がんを切って取り除く方法。抗がん剤は、がんを薬物で殺してしまう方法。 ただし、がんだけではなく正常な細胞にも働きかけるため、がんと闘う体のシステム「免疫」までいためつけてしまいます。 抗がん剤の副作用の一つに、免疫をつかさどる白血球が少なくなる白血球減少症というのがあることでもおわかりでしょう。 放射線は、放射線のエネルギーによってがん細胞をいためつけるわけですが、抗がん剤と同じく、同時に正常な細胞もいためつけてしまいます。 放射線による障害にも白血球減少症があります。 こうして見てみるとおわかりだと思いますが、これらはできたがんを取り除いたり、いためつけて殺してしまう方法で、決して根本治療とはいえません。 むしろ、がんを治そうとするあまり、がんと闘うのに最も大事にしなくてはならない免疫機能をボロボロにしてしまうものです。 こうした対処療法では、どんどん手ごわくなってきているがんに対抗することはできません。その証拠に、がん死は年々ふえています。

がんは何回も難関をくぐり抜けて起こる
いったいがんとは、どんな病気なのでしょう。がん細胞というのは、正常な細胞ががん化した細胞のことをいいます。 つまりがんというのは、自分の細胞ががん化して起こった病気なのです。 なぜがん化するかというと、汚染物質、発がん物質、紫外線、遺伝的素因などさまざまな要因が重なって、細胞が突然変異を起こすのです。 とはいえ、人間は、毎日体のいたるところで、細胞ががん化しては消え、がん化しては消え、しています。 ここで、がんが発生するメカニズムを説明しておきましょう。体内にがん細胞が現れると、数分から数十分以内に、マクロファージと呼ばれる免疫細胞が、がんであることを発見して攻撃を加えます。 この時点でがん細胞を殺してしまえたら問題ありませんが、排除できなかったら、マクロファージは、がん細胞の周辺から出るがん特有のたんぱく質(抗原)を持ち帰って、次にヘルパーT細胞に情報を伝達します。 ヘルパーT細胞は、さらにサイトカインという、免疫を活性化させる物質を介して、キラーT細胞に情報を伝達します。 情報が届くとキラーT細胞はがんを攻撃します。ここに至るまでが約1〜2週間です。 ヘルパーT細胞がキラーT細胞に情報をわたして、キラーT細胞ががんを攻撃するまでの間にも、がんはどんどん成長していきますが、最終的にキラー細胞ががんをやっつけることができたら、がんという病気は発生しません。 逆にがんのほうが成長が早くて、キラーT細胞の攻撃が間に合わないと発病し、進行していきます。

がんは免疫病
このように、体内における一次免疫反応による防御に失敗し発病してしまうがんは、血液中にがんに関連した抗原や免疫を抑制しようとする物質をまき散らしながら、さらに大きく育とうとすることが非常に多いのです。 このようながんに対しては、次の段階での免疫力をより高めて対応するより方法はありません。 そのためには、特殊免疫検査(がん関連抗原、サイトカイン、細胞障害性リンパ球、ヘルパーT細胞系統などの検査)を行い、より早期に危険を察知して取り組む必要があります。

免疫療法の中心はAHCC
免疫に着目し、免疫を活性化してがんを攻撃する力を強めることで、がんを治そうとするのが今回ご紹介する免疫療法です。 免疫療法には2つの方向性があります。一つは免疫系を強化することによってがんを排除すること。 免疫系を強化してがんを排除するには、複数のキノコを高度な技術で培養し、キノコ特有の有効成分を抽出したAHCCを中心とした治療を行います。 AHCCには、マクロファージやヘルパーT細胞からインターロイキン12といわれる免疫生理活性物質を出す働きがあります。 インターロイキン12が出てくると、がんを攻撃する免疫の働きが強まりがんを排除しますので、最も効果があがります。 一方、がん細胞が体内にあると、免疫抑制作用のあるTGFという物質がふえて、がんが排除されないように働くので、これを吸着して除去する作用のあるクレスチンという薬を併用します。 これでもはかばかしくない場合は、免疫力を高める注射薬の免疫賦活剤を使用しますが、さらに、末期で深刻な状況に陥った場合は、免疫療法ではまず使わない、薄い抗がん剤を用いて、がん細胞そのものをたたく、いわば逆療法をとります。

AHCC免疫療法の将来
現在、AHCCの免疫療法を実践している医療機関は日本だけにとどまらず、アメリカ・ヨーロッパを含めると500カ所に迫る数まで広がりをみせています。 また、がんや免疫をテーマにした学会でのAHCCによるがん治療の発表が数多くなされています。 それらの発表の中で、第32回ヨーロッパ外科学会での関西医大第一外科の上山先生が発表された「肝臓がん患者におけるAHCCの免疫療法」という発表は海外でのがん治療医から高い評価を受けることができました。 その発表の内容を、簡単にご紹介しましょう。組織学的に肝臓がんであるとされた110人の患者さんに対するデータです。 外科手術を受けた患者さんたちを2群に分け、27人にはAHCCを毎日摂取してもらい、他の83人の患者さんたちはAHCC非摂取群とします。 それぞれのグループについてがんの再発率と生存率を比較したのです。その結果は、完全生存率がAHCC摂取群で有意に高く、血液検査上もAHCC摂取群は非常に良好でした。 肝臓がんの治療は、動脈塞栓術やアルコール注入療法など医学的に確立された治療はありますが、決定打とはなりえていません。 また、肝臓がんに限らず、すべてのがんにおいても同様に抜本的な治療法が確立されていないといっても過言ではありません。ですから、AHCCの免疫療法には大きな期待が集まっています。 上山先生の発表は、医師はもとより、患者さんにとっても、AHCCががん治療に対して大きな福音になりえることを示した貴重な研究の成果と考えます。 免疫療法を受けに私の病院にやってくる患者さんは、末期や重症のがんの患者さんばかりです。 つまり、医師がサジを投げた患者さんや、余命いくばくもない患者さんが”最後の手段”として訪れるのです。 しかし、AHCCによる免疫療法が本当の意味で最高の効果を発揮できるのは、間違いなく”初期の段階”です。 一刻も早く、前述した特殊免疫検査を実施してがんの状態を把握し、早期に治療を開始することで、最大の治療効果を引き出すことも可能です。 AHCC免疫療法は、最後の手段ではなく”最初の手段”なのです。

1999年8月号/ゆほびかより




アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.