- LYRIC [SPLIT FIRE] -

MAZE
ギリギリまで追い詰められて
矛先のない衝動が走り出す
暗闇の中で両手を広げ
壊された心のカケラを拾う

ネェ誰かガラクタの様なこの僕を
ネェ誰かコナゴナのなったこの僕に
必要な Drug And Drink

にやけた自分の影追いかけて
暗い螺旋階段下りてみようか
床にへばりつく黒い塊に
ケリ入れて動けなくしようか

ネェ誰かガラクタの様なこの僕を
ネェ誰かコナゴナのなったこの僕に
必要な Drug And Drink

Don't Look Back 振り返らずに走り抜けろ
Don't Look Back 光の方へ Shine On One's Desire
Don't Look Back 振り返らずに走り抜けろ
Don't Look Back 光の方へ Shine On Darkness Of Maze


RISKY LINE
Midnight 動き始める
寝起きの悪い夜光虫
Whole Day つなぎっぱなしの
回線に流れる Risky Blood

君がイマ何を考えているのかなんて
世界中のやつらが知っている

Risky Line 君は誰と話してるの
Risky Line 顔も見たこともないくせに

Day Break かかるスクリーンセーバー
動けなくなるキーボード走る蜘蛛
Spread Out 個人情報が
君を無視して Walking The World

君の後ろに鏡があるのも知っている
だから君が見えないところまで
世界中のやつらは知っているのさ

Risky Line 君は誰と話してたの
Risky Line 顔も見たこともないくせに

Risky Line...


TEARS OF TRUTH
コンクリートの街に沈んで行く
淀んだ太陽は
腐りかけたこの地球を見捨てた
アスファルトに叩きつける雨は
後悔や懺悔さえも
地上に残しちゃくれない

小さな両手でしがみついている
未来は目をふさいだまま震えている

なにもかもを吐き出して
誰かに汚れた心をさらけだしても
すべてが 許されるわけじゃない
研ぎ澄まされる感覚と
敏感になっていく神経は
この地球の末路を知っている

限られていく時間の中で
残されていくものに何ができる

流した涙の数だけ
この地球は報われる
涙も枯れ果てた
愚かなやつらは
自分の血を流せ


EVIDENCE
僕らが昔夢見ていた頃
必ずかなうと信じていた
現実の壁に何度もぶつかるたび消えていく情熱
人を疑う心を見つけ人を欺く言葉も覚えた
そしていつのまにか僕も自分の影を踏んでいた

いつまでも付きまとう亡霊に
怯えながら部屋で震えてる
何を信じていいのかわからなくなる毎日だけど
間違いなくこの深い闇の中這い上がろうとしていた日々
まだどこかにあるはずのなくした情熱探してる

生きている証が欲しいのさ
また日が落ちこの暗闇にとじこめられても
生きている証をここに残したい
必ず来る明日という日に生まれ変わりたい

生きている今が Oh! Evidence
生きていくここからが Evidence
Oh! Evidence


SHYLOCK
なけなしの金はたいてその日暮らしのギャンブルで
身を滅ぼすつもりかい明日に架ける橋はない

手を出したくなるヤミ金
作り笑顔で「いらっしゃいませ、どーぞ」
一年後には膨らむ
利息返済命がけの逃亡

買いあさってくブランド品カード上限VIP待遇
金融会社の掛け持ち身の程知らずの代償

鳴り止まない電話のベル
一年前とは別人の対応
やさしい声の彼女は
今どこでなにをしてる

声を潜めて部屋の中
昼間でも締め切っているカーテン
買い物はいつも真夜中
近くのコンビニへひた走る

ShyLock 今もこの世で
ShyLock 生き延びているのか
ShyLock 耳元でささやく
ご利用は計画的に

声を潜めて部屋の中
昼間でも締め切っているカーテン
買い物はいつも真夜中
近くのコンビニへひた走る

ShyLock 今もこの世で
ShyLock 生き延びているのか
ShyLock 歯止めの利かない
ShyLock 欲望かきたて
ShyLock 金銭感覚
ShyLock 異常をきたす頃
ShyLock 耳元でささやく
ご利用は計画的に


急速充電
電池の切れた携帯は
充電しなけりゃ使えない
メールなんかをしたくても
充電しなけりゃ使えない

充電! 充電! はやく充電!
コンセント! コンセント! 急速充電!

偶然見つけた芸能人
早速写真を撮りましょう
カメラモードに切り替えて
急いで写真を撮りましょう

充電! 充電! だから充電!
コンセント! コンセント! 急速充電!

家でんが寂しそうな目で
見つめてる携帯を・・・
僕だって子機があるじゃないか
家の中は無料だぜ

今の携帯なんでもできる
テレビ電話や動画も撮れる
着うた 着メロ おさいふ携帯
一曲まるごとダウンロード

充電! 充電! 毎日充電!
コンセント! コンセント! 急速充電!

家でんが寂しそうな目で
見つめてる携帯を・・・
僕だってファックスも付いてる
テレ電ぐらい出来るぜ

家でんがポツリとつぶやく
10年後 僕はいない・・・
ベルさんと天国で楽しく
家でんで長電話しよう


GISOU
事の始まりは  たった一つの嘘
逃げ場の無い金縛り
これがうまくいったなら 次も必ずうまくいく
油断大敵 他言厳禁 気を引き締めて

かくせ未来の果てまでも
さがせ抜け道 隠れ蓑

ほころび始める 内部告発
正義が生んだ亀裂
世間あざむく策略 身内ぐるみの隠ぺい
言語道断 問答無用 暴かれる過去

動き続けるシュレッダー
データ改ざん 全件削除

とめられない偽装 最初の嘘が命取り
やめられない偽装 膨らむ妄想 魔性の暴走

いつかはバレる偽装 GISOU 真っ赤な嘘
だましつづけ 地に落ちていく みじめな GISOU


HAPPY DAY
今日の占いカウントダウン キミの星座はなに?
見逃したら一大事さ ラッキーアイテム

最下位だってくじけるな ほらチャンネルを変えて
民放各局しらみつぶし ラッキーカラー

hey! are you happy today?

なにも今更着替えたって お日様は昇る
キミの人生もてあそばれている 操り人形

今日、いい出会いがありますように
金の成る木が見つかりますように
言われるまま西から東へ
開け放たれたパンドラの箱

たった一度の人生なら
わずかばかりの夢を抱いて
お告げ話に耳傾けてみましょう

手相 人相 風水 タロット
家内安全 無病息災
この地球は何処へ向かっているのでしょうか?


鋼鉄サラリーマン
照りつける太陽の光 あふれだす加齢臭
お昼はいつもの公園で お粗末なランチ

スーツの中で暴れている 鋼鉄の証
名刺配りも忘れないで 営業の証

会議なんて 出たくもないし
接待なんて めんどくさい
上司には いつも笑顔で
部下との 板ばさみ

突き上げた拳が 雄叫び上げている
惨めな心 打ち砕けと

鎖につながれた 愛しき魂よ
とどけこの祈り 鋼鉄サラリーマン


自由契約
朝礼の後に 右肩たたかれ 目で合図
社長の後ろ すごすご着いていきゃ無人の会議室

静寂が流れ 冷や汗が流れ
打開策を探す

デンキぐらい
点けましょうよ

我社は今非常に 大事な時を 向かえていると
ぼくの目も見ないで 社長はひたすら喋り続ける

キミには悪いが わかると思うが
?マーク 宙を舞う

もう 言わないで
もう それ以上

荷物の整理は すぐついた
気持ちの整理を 手伝って

行き場をなくした書類が 粉々にきざまれていく
ぼくの価値も 粉々にきざまれてゆく・・・

荷物の整理は すぐついた
気持ちの整理を 手伝って

時刻は まだ午前の10時
お日様 眩し過ぎる退社


長髪
先日歯医者に行きました 小学生以来
冷たい物が歯にしみるから
ビールが飲めません

待合室 ガン見されて
受付のおねえさんは
珍獣ハンター

そんなに珍しい物ですか? 男の長髪が
誰にも危害は加えない
餌も与えないで

これでも苦労している方で
欠かせないのが
トリートメント

長髪! 風に流れる
長髪! キミの長髪
長髪! 僕の心を
挑発! する
長髪! 朽ち果ててゆく
長髪! 僕の毛根
長髪! 苦し紛れの
長髪! ヘアケア製品


不況、不況と言われるこの時代、
あなたはこの状況をどうお考えでしょうか?
もう勘弁して下さい もう体は動かない
このひと月まともに寝てません
今日だってこののままじゃ 帰りは明日の朝
朝が夜だか、夜が朝なんだか

家、帰って寝たい!

タイムカードは建前 押すだけ無駄だろ
表向きには優良企業

残業代を差っ引く 悪代官野郎
札束数えて売り上げ上々

また一人辞めていく 体壊して辞めていく
動けなくなりゃパワハラ狙い撃ち

風呂入って寝たい!

事務所の奥は聖域 立ち入るべからず
秘密厳守の厳重管理

親族固めた役委員 領収書の山
週末必ず家族で早退

多少の怪我じゃ労災は使えない
自宅で転んで
怪我したと医者に嘘をついたよ

タイムカードは建前 押すだけ無駄だろ
表向きには優良企業

残業代を差っ引く 悪代官野郎
札束数えて売り上げ上々

僕にも可愛い妻と子供たちがいる
お金も欲しいけど
家族と触れ合う時間が欲しいよ

家、帰って寝たい!
風呂入って寝たい!


美瑛の丘
晴れた休みはドライブしょう
目指せ美瑛の丘の上
観光客も集まる有名なパワースポット

ぜるぶの丘のラベンダー
じゃがバター食べて一休み
ゆできびで北海道満喫のトラベラー

青空の下で深呼吸
目の前の道路は大渋滞

春はポテチの植え付け
ケンメリの木が眺めている
セブンスターの木も目覚めの一服

拓真館へようこそ
こっちの丘も是非見て見て
帰りは酒屋の土井にも寄って

青空の下で深呼吸
今日の晩飯はバーベキュー

オー!オー! 美瑛の丘
マイナスイオンの丘
オー!オー! 美瑛の丘
疲れた心を癒やす


老化現象やっつけろ!!
最近目がかすむ
小さい文字が読めない
何もないのにつまずいて転ぶ

振り向いただけで首がつる
寝てるだけで足がつる
寝汗もかくしトイレも近い

頭の中じゃかなり上がっている
ガードレールまたぐ足

乾ききったお肌
きれいに クリーム塗りましょう
枯れそうな木に 水を与えましょう

悲鳴を上げる関節
磨り減っていく軟骨
グルコサミンとコンドロイチン

あの俳優の名前がでてこない
月9の主人公さ ほら

朽ち果てていく 老いぼれ細胞
引き止める術はない
負けるもんかと 老いぼれ根性
来るなら来なさい 返り討ち


長ネギ
納豆には欠かせないし
味噌汁にも欠かせない
これが入んないラーメンはありえない
焼いて食べても美味しいし
鍋に入れても美味しい
決して主役にゃなれないが愛しい
長ネギ美味い!!

鶏肉に挟まれて 豚肉に挟まれて
あぶら汗
美しく刻まれた
白髪ねぎもタン塩に巻かれ

昔、風邪で咽痛い
ネギ首に巻いて寝てなさい
迷信じゃないホント
長ネギ偉い!!

そばつゆの中を泳ぎ 冷奴のベッドで
夢を見る
灼熱の中華鍋も
白米と卵に身をゆだねて

*
長ネギ! 薬味の王様
パセリ、バジルにゃ負けられない
長ネギ! 似てるけど「わけぎ」は
ネギじゃない

長ネギ! 魔法のスティックさ
ごぼう、セロリにゃ負けられない
長ネギ! 似てるけど「わけぎ」は
ネギじゃない

でも犬や猫さんは
食べられない
だから猫まんまはネギ抜きで

*repeat


ぱんちら
昇りのエスカレーター
ふと見上げた先に
まるで夢のような ミニスカート
人目気にして上目遣い

*
ヘイ! ヘイ! ヘイ! ぱんちら!
ヘイ! ヘイ! ヘイ! 
ヘイ! ヘイ! ヘイ! ぱんちら!
ヘイ! ヘイ! ヘイ! 

通学女子高生
チャリ漕ぐ姿ステキ
朝日に浮かぶ天使のようだ
わき見運転急ブレーキ!

*repeat

P! A! N! C! H! I! L! A!
P! A! N! C! H! I! L! A!

**
oh oh
夢にまで見たぱんちら
oh oh oh oh
見え過ぎちゃって困るわ

*repeat

**repeat


捨てるんじゃない!
このビスいったいなんだろう
取りあえず引き出ししまっておこう
生まれながらの性分が
ガラクタばかりの宝物

もったいない
まだ使える
壊れるまで
捨てるんじゃない!

賞味期限切れの牛乳
封開けてないから大丈夫
3秒ルールで鍛えた
お腹でもチョットびびってる

もったいない
まだ飲める
腐れるまで
捨てるんじゃない!

捨てるんじゃない! もったいないから
捨てるんじゃない!
捨てるんじゃない! もったいないから
捨てるんじゃない!

捨てるんじゃない!
捨てるんじゃない!


ジェットコースター
凍りつく発車のベルの音
もう逃げられない安全バー
天を目指し登り続けるか
地獄へ落とす序章か

この席は本当に大丈夫?
ボルトの確認異常無し?
まさかここだけ見落としてない?
途中で外れることはない?

まだ! 落とさないで 待って!
まだ! 心の準備 待って!

無情にも加速する棺桶に
よだれ、鼻水、涙目
ひたすら時の経つのを祈る
生き地獄はまだ続く

そんなに急がなくてもいいよ
人生はまだまだこれから
山や谷もあるかもしれない
だからといってこれはない!

まだ! 回さないで 待って!
まだ! 心の叫び 待って!

優雅にメリーゴーランド
ゴーカートでドライブ
観覧車で夜景を見る

*
歓喜の悲鳴と 渦巻く轟音にかき消されて
僕のつぶやき 聞こえるはずもない
誰か止めて・・・

*repeat

何も楽しくない 二度と乗りたくない
誰か止めて・・・


日曜日の夕方はヤダ!
日曜日の夕方はヤダ!
チビまるこちゃん恨めしい
日曜日の夕方はヤダ!
サザエさんも愉快じゃない

日が暮れる ヤダ! ヤダ!
日が沈む ヤダ! ヤダ!
今日がもう終わる・・・

日曜日の夕方はヤダ!
土曜の夜飲み過ぎて
日曜日の夕方はヤダ!
無駄な一日を過ごす

もう二度と ヤダ! ヤダ!
飲みません ヤダ! ヤダ!
今日がもう終わる・・・

*
楽しい焼き肉の後
残る炭を見つめ
明日も休みたいな
夜の闇が僕を包む

*repeat


イエスマン
貴方の前にひれ伏しましょう
貴方の足にキスをしましょう
貴方の思うがままに動きましょう

絶対!! 命令に服従
絶対!! 黒い物も白
絶妙!! 絶命の危機には
この身を捨て

ヘイ! イエスマン ヘイ!!
ヘイ! イエスマン 裸の王様
ヘイ! イエスマン ヘイ!!
ヘイ! イエスマン よくお似合いです

あなたの寝込みを襲いましょう
あなたの酒に毒盛りましょう
あなたにバレないように動きましょう

絶対!! 群れの中に紛れ
絶対!! 通行人A
絶対!! スキあればトドメの一撃

*
ヘイ! イエスマン ヘイ!!
ヘイ! イエスマン そう…裏切り者
ヘイ! イエスマン ヘイ!!
ヘイ! イエスマン 欲望打ち砕く

*repeat


酒が〜ナイト
山に向かって叫んでみても
コダマしかかえらない
海に向かって叫んでみても
ロシアまでとどかない

どうしてこんなに人はいるのに
どうして誰も気付かない
どうしてこんなに肉はあるのに
どうして酒がひとつも無い!

飲み会も終盤をむかえ
押し迫るラストオーダー
押し続ける注文のベル
駆けつけるバイトのにいちゃん

とにかくビールをピッチャーでください
誰かが言うよねキャッチャーは?
日本酒、酎ハイ、ロックに水割り
店にある酒全部飲む!

さ!け!が!ナイト!
さ!け!が!ナイト!

時は訪れた酒を酌み交わそう
解き放て夜が明けるまで


ウミガメの産卵
月光は隠れ 濡れた砂を噛む
限られた時 は立ち止まってはくれない

走るのはムリ
競争もムリ
でも最強の4本足
ウミガメの産卵

新月の夜空 星の光さえ
眩しすぎて 濡れた甲羅が輝く
穴を掘りましょう
卵産みましょう
砂をかけ埋め命を守れ
ウミガメの産卵

ウミガメは知っている
夜空に浮かぶ月の意味と
遥か昔から与えられた知恵の意味を 知っている
ウミガメの産卵


お水の花道
声を出して泣く 夜更けの誰もいないトイレ
くずれて落ちてゆく 仮面は身を洗う
限りなく 偽りの言葉じゃ無いはず
この身と重ねながら 見つめ合い うなずく姿は…

目覚めて鏡見て 荒れたお肌にため息
夕べの深酒と タバコで声も出ない
熱いシャワー浴びて
記憶の糸を辿りながら…

今日はなんだか 体調がすぐれない週末
水割り作りながら ため息もつけやしない…
笑顔絶やさずに
空いたグラスに気を配りましょう

ひたむきに生きてきたつもりだから
後ろ指さされる覚えなどない
たまにお腹壊すことはあるけど
あなたの人生 壊したことなどはないし

お水の花道は 薔薇の花とトゲ
美しさとは裏腹に 胸刺す事ばかり


昭和時代
昭和40年1965年生まれ
時代は高度経済成長期
体重は大体3000と少し元気な男の子
健康優良児なのに黄疸

白黒テレビが
色鮮やかなカラーテレビに

スター誕生ベストテンひょうきん族全員集合
なんでもありのテレビ全盛期

弾けたバブルと
朽ち果てた泥のはりぼての山

*
東京オリンピック
大阪万博
あの日からこの国が
蘇った証しを見せろ
鐘鳴らせ昭和時代

*repeat


ピクニックへ行こう!
良く晴れた日曜日は とても素敵
お弁当持って ピクニックへ行こう
ママは朝から卵焼き
パパは朝から洗車場
子供達はおやつの品定め

行楽日和に心もウキウキ

市街地を抜けて 乗り込むハイウエイ
好天に恵まれ まさかの大渋滞
ママは助手席もうウトウト
パパはイライラ片手ハンドル
子供達は後ろで携帯ゲーム

ようやく辿り着いた
公園も人だかり

Oh ピクニックへ行こう
Oh ヘイ!ヘイ!へい!ヘイ!
Oh ピクニックへ行こう
Oh ヘイ!ヘイ!へい!ヘイ!

疲れ果てて 眠りにつき
夢の中で 楽しい思い出
明日になれば 目が覚めれば
またいつの日か 行こうよピクニックへ




- LYRIC [OTOSAN'S] -


INFORMATION | PROFILE | LIVE SCHEDULE | SETLIST | PHOTO
MERCHANDISE | SOUND | LYRIC | LINK | BBS | HOME