131 かぶれの木

12/10/12

道長でも草刈といえばエンジンパワーの草刈機をつかいます。で、ときどき、草刈をして2、3日すると顔や手など、肌があらわだったところに強いかゆみ。あーあ。またカブレの木にやられてしまった。翌日には、もう手の付け用がないほどに腫れ上がり、かゆみと痛みの相乗効果。たまらず地元医院に駆け込む始末。

ぼくの場合、体質がデリケートにできているため、アレルギー反応がでることがある。たとえばアブに刺されると悲惨で、呼吸困難から、さらに運悪くは死亡ということにもなりかねない。アブに刺される→即救急車。また、ウルシの木などを燃やしたりしてその煙を吸い込んだりすると、やはり呼吸困難などの症状におそわれることもあるようです。あまり神経質になってもいけませんが、アレルギーを起こしやすい方は気をつけたほうがいいでしょう。

草刈のたびにカブレていても仕方ないので、自分がそうならないためにも、カブレの草木について調べてみました。ウルシ科の植物にはウルシオールという物質を多く含むものがあり、これがカブレを引き起こします。

すべてのウルシ科の植物がそうというわけではありませんが、以下、カブレを引き起こす毒性が強力なものをその順に挙げてみました。

1.ウルシ
ウルシ科ウルシ属
漆の原料になる。葉の形は若干丸みを帯びる。画像の一枝で一枚の葉(複葉)

4.ハゼノキ
ウルシ科ヌルデ属
ウルシよりも葉の形は細い感じ。幼葉には鋸歯状の突起と白い毛が葉柄などにある
実は和ロウソクの原料
2.ツタウルシ
ウルシ科ウルシ属
つる性で、ウルシに似ていないようだが、けっこう毒性が強いそうです。
三枚の葉がワンセットで一枚の葉(複葉)を形成


5.ヤマウルシ
ウルシ科ウルシ属
葉はウルシよりも若干丸みがある
3.ヤマハゼ
ウルシ科ウルシ属
ウルシより若干葉が大きく、細い感じ

6.ヌルデ(フシノキ)
ウルシ科ウルシ属
ヌルデという名なのにヌルデ属ではなく、ウルシ属。
葉をつける軸(葉軸)にも翼と呼ばれる葉があるため、見分けがつきやすい

ウルシ科の葉は一枝に複数の葉が付いているように見えますが、実はこれで一枚の葉(複葉)なのだそうです。なお、これらかぶれの木に共通しているのは、秋の紅葉が非常にきれいに色づく点です。

また、一見マメ科の葉に似ていますが、マメ科が枝から対称的に二枚の葉が出る対生なのに対して、ウルシ科の場合はそのように見えるのですが、よく見ると対生に見える二枚の葉が若干ずれている(互生)のだそうです。でもこれはなかなか見分けにくい。山に自生するマメ科のフジなどは、ウルシ科の植物に間違えやすいですが、つる性なので枝で見分けがつきます。

その他、タラノメなどもウルシ科に見間違えそうですが、こちらは茎、葉ともにトゲがたくさん出ていて、見分けが容易です。ウルシ科の植物の葉の葉脈は、葉の左右が非対称になっています(これもちょっとわかりにくい)。

ウルシ科の植物は他にもたくさんの種類があるようです。マンゴーやカシューナッツ、ピスタチオなどもウルシ科だそうです。食品のアレルゲンにも挙げられています。

最近、ぼくもウルシ科の植物の見分けがある程度できるようになりました。気付いてみれば、山辺の道はウルシ科でいっぱいです。だから気になって仕方がない。かえって知らないでいたほうがよかったのかもしれません。


132 巨大イノシシ捕まる
12/12/05



道長のある豊川市萩町で11月27日、巨大イノシシが捕獲されました。その重さ、なんと200Kg。こんな大きなイノシシ、ちょっと聞いた事がありません。それも、ちょうど道長の梅畑の近く。最近、道長でも畑地を荒らされ、散々な目に合わされていた矢先。念を押しますが、100kg以上でも新聞ネタになるくらいです。

この大イノシシ、6人がかりでも動かすのが大変で、軽トラックまで運んで載せるのも一苦労だったとのこと。重さを量るための秤がないので採石場まで運び、トラックごと計量。200kgあることが判明。

インターネットで巨大イノシシを調べてみました。さすがに200kg超という例は少ないようです。こんなのと遭遇したら、逃げるしかありません。道長の近所で、イノシシやシカなどと自動車で衝突してしまった話を聞きますが、相当ひどいダメージを受けるようで、後の修理代が大変とのこと。

イノシシ、サル、シカなどによる獣害の被害と無縁の地域には、実感がないかもしれませんが、これは深刻な問題です。

ここ旧宝飯郡音羽町では、10年ほど前から獣害対策用の補助金が降りるようになり、当初は各部落でネットを数キロメートル張り巡らせた。しかしながら、これでシカが減ったと思いきや、今度はイノシシの被害激増。

イノシシは家族で畑や田んぼに出没し、所かまわず掘り返してしまう。この被害に合うと一面が穴だらけになり、元に戻すのも一苦労。トラクターが進めないほど凸凹にしてしまいます。

写真ではちょっと
わかりにくいですが

最近、この地域ではイノシシ対策として、2m幅ほどのワイヤーメッシュ(基礎コンクリートに入れる補強用の金属網)を張り巡らすようになってきました。シカ対策のネットは扱いは楽ですが、耐久性がなく、イノシシに簡単に破られてしまいます。

ネットとメッシュの二段構えでほぼ獣害対策は完璧、と言いたいところですが、この両方をクリアーしてしまうのがサル。数十頭の群れでやってきて、農作物を根こそぎ持っていってしまいます。こればかりは根本的な防護策がないというのが現状のようです。

今回捕獲された巨大イノシシの肉が、道長にも巡ってきました。クセがあって、固くて食べにくいというのが通例ですが、なんとやわらかく、ビーフのような食感。気になる臭いもありませんでした。とてもおいしかったです。ご当地の主、大ボスイノシシくんの冥福を祈ります。

それにしても、爆撃でも受けたように凸凹になった畑。一体どうしたものかしら。
大型イノシシ捕獲例

他に獣害関連の記事:
子 猿 動物の害 鹿除けの網 獣 害

133 
08/11/15


134



135 
09/08/06



136 
09/08/19


137
10/01/14


138 
11/01/05


139 
11/02/08


140 
12/01/30