山本優子 (まさこ)


長野県下高井郡山ノ内町



野沢菜の名産地、長野県の志賀高原。道長の野沢菜の生産をお願いしている山本さんの圃場は、ここにあります。夏は昼夜の寒暖の差が大きく、豊富な雨と日照で野菜・果樹の栽培に適したところ。でも、冬は雪に覆われ、農作業ができない時期が約4ヶ月も。

2012年11月、山本さんの圃場を見学させていただいてきました。

野沢菜の収穫期にお邪魔させていただいたのですが、志賀高原というところは、そこら中にリンゴの木があり、車で走っているだけでも、たくさんのリンゴが目に入ってきて、すごく幸せな気分になります。リンゴ農家の一風こと、佐藤武士さんの民宿・農園もおなじ山ノ内町です。

山本さんは、牧場を経営するかたわら、その牛糞で堆肥を作っていろいろな作物を育てています。有機肥料を使用した、農薬・化学肥料を使用しない野菜作り。野沢菜のほかにも、トウモロコシやジャガイモ、玉ねぎなど、どれも「とてもみずみずしく、甘くておいしい」と評判です。

さっそうとスキーウェアで仕事のご主人
お問合せ:
山本牧場
長野県下高井郡山ノ内町佐野1016
TEL:0269-33-2612